借りやすい銀行のカードローン

最近は銀行のカードローンを利用する方も多くいますが、その理由はどこにあるのでしょうか?

借りやすいカードローン

 

一つには、銀行のカードローンが借りやすくなってきたという面があります。

 

どんな点で借りやすいかといえば、2つの点を挙げることができます。

 

利便性と審査スピード

一つは利便性、もう一つは審査が早くなってきたことです。

 

まず利便性については、銀行カードローンでも時間を問わずに申込みができるようになってきたということです。

 

銀行のカードローンも消費者金融と同じように、多くの人が何気に利用している携帯電話やスマートフォンなどからも申込みができますし、インターネットに繋がる環境さえあれば、パソコンからでも申込みができます。

 

返済方法の自由度も要チェック

また返済方法の選択肢も多く、窓口返済、自動引き落し、ATM返済、インターネットからの返済、コンビニ返済も選べるので消費者金融のサービスとほとんど同じです。

 

このように、いろいろなところから申込みができる、またいろいろな方法で返済ができるというこの利便性が、銀行のカードローンを借りやすいものにしています。

 

審査時間が重要

もうひとつの銀行カードローンが借りやすい理由としては、審査が早くなってきたことがあげられます。

 

審査では収入状況や職業などの属性がチェックされ、それによって本人の返済能力を確かめます。

 

これは銀行カードローンが消費者金融の保証会社に依頼して審査をおこなうようになったため審査の時間が早くなったのです。

 

銀行自体は利用者の与信の調査をすることはできません。

 

銀行の審査が早くなったのは、利用者の返済能力の審査を消費者金融に依頼しているのです。

 

消費者金融は、調査にかかる費用を銀行から手数料として受け取ることができるのです。

 

つまり、銀行にも消費者金融にもどちらにもメリットがあるのです。

 

しかも、利用者が返済不能になった場合には、消費者金融が返済を保証するということになっているので銀行は損をしません。

 

消費者金融は、「銀行」という信頼を得ることでいままで届かなかった利用者にも利用してもらえるというメリットがあるのです。

 

スコアリングとは

「スコアリング」では、審査に申し込んだ人の与信が数値化して評価されます。

 

例えば、住所や氏名、生年月日から個人を特定し、年齢、性別、家族構成、住居の区分(持ち家か賃貸か)、居住年数、勤務期間、勤務先や勤務年数といったことが数字でひょうかされるのです。

 

銀行はこの「スコアリング」といった評価の基準を持っていません。

 

そこで消費者金融に依頼しているのです。

 

もちろん申し込み利用者の返済能力の調査、つまりスコアリングは銀行ではなくて、消費者金融が行っているのです。

 

こういった背景があって銀行のカードローンが借りやすくなってきたと言われているのです。

 

まとめ

・銀行のカードローンも審査時間が早くなってきた
・与信の調査は消費者金融に依頼している
・スコアリングも消費者金融のノウハウで行われている


借りやすい消費者金融POINT