消費者金融の特徴と比較

消費者金融は法律改正によって審査が厳しくなり、借りづらくなったと言われています。

 

実際には法律改正や金融機関からの資本受け入れがあっても以前として借りやすいことにはかわりがありません。

 

借りやすい消費者金融のサービスの特徴と比較をしてみます。

 

消費者金融の特徴と比較

借りやすいと言われるサービスにはキャッシングサービスがあります。

 

キャッシングサービスは法律によって総所得の3分の1を超える現金は借りれられないことになっていますので、各消費者金融でも厳密な審査を行っています。

 

逆に3分の1を超えなければ貸せるわけですので各社とも収入が低い方を中心にこれまで貸せていない方向けのサービスを増やしてきています。

 

各消費者金融のサービスの比較で重要なのが審査の中身です。

 

審査の対象になる項目

審査対象としては収入、借りている状況があります。

 

以前はこれに職業と年齢も加味されていましたが、現在のキャッシングサービスの審査ではほぼ年齢と職業は対象となっていないことが多いようです。

 

消費者金融での審査で一番変わったのが収入の確認です。

 

審査の今昔

以前は月収制でないと借りられないことが多く、アルバイト・パートや年金受給者、個人事業主はほとんど借りることができないと言われていました。

 

現在では年収による審査に切り替えたこともあり職業での差別化はなくなっており、アルバイト・パートや主婦、学生でも借りることができるようになりつつあります。

 

サービスの比較を考えるのであれば審査で職業による選別が行われているかを確認すると良いようです。

 

まとめ

・法律改正で審査が通りにくくなった。
・総量規制のため審査が厳密化した。
・安定した収入が審査では重要視される。


借りやすい消費者金融POINT