年収と借入可能額

キャッシングをしようとカードローンの契約をすることにしたときに、消費者金融が一番借りやすいです。

年収と借入可能額

 

ただ借りやすいと言っても審査は有るし、年収による貸し出しの制限が有ります。

 

総量規制の存在感

その貸し出しの制限ですが審査で年収で返済能力をチェックするのともう一つ総量規制というのが有って、それが貸し出しを制限しています。

 

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことで、「総量規制」といいます。

 

総量規制は貸金業法が改正されて出来た法律でして、個人への貸し出しは、他社での借り入れも合わせた合計が年収の3分の1を超えてはならないとなっています。

 

年収の3分の1が限度額

それで消費者金融は貸金業者だから、総量規制の対象でして年収の3分の1を超えて借りることは出来ないということです。

 

だから借りやすいとはいえ、法律で規制されていますから、3分の1を超えて借りることは出来ないということです。

 

総量規制は違反すると罰が有りますから、消費者金融は違反をしてまで貸そうとはしません。

 

だから総量規制で制限された額までしか借りられないということです。

 

複数の借り入れは総量規制の制限を受ける

だから借入額が既に多い人は、総量規制の対象外の銀行でカードローンを契約する必要が有ります。

 

消費者金融は借りやすいけど、総量規制で貸出総額が他社との合計で年収の3分の1を超えてはならないと決められています。

 

ですから、すでに他からそれなりに借りている人は、新規に借りると3分の1を超えるかを確認して、消費者金融にカードローンを申し込まなければなりません。

 

確認しないと手間暇かけて申し込んでも審査で落とされて、まったく借りられないということです。

 

まとめ

・総量規制の制限に注意。
・借りすぎを防ぐための総量規制。
・複数の借り入れは総量規制に引っかかる。


借りやすい消費者金融ランキング