消費者金融の規制緩和

消費者金融や銀行などの金融機関は、個人にお金を融資して金利で利益を出しており、個人への融資は少額融資なので金利は高く設定されています。

消費者金融の規制緩和

 

現在の金利は20パーセント以下と法律で決められているのですが、過去に規制されて金利が低く抑えられています。

 

金融機関などは、規制が厳しくなり金利を抑えられました。

 

景気の影響

さらにリーマンショックなどの影響によって景気が悪くなってしまったことから、業績が悪くなり新規の貸し出しの場合であっても確実に返済できる人だけを厳しく審査するようになりました。

 

そのため、消費者金融などでお金を借りることができない人達は、闇金などでお金を借りることになり、法外な金利を支払うことになってしまうことから、金融機関の上限金利を見直し規制緩和することになったのです。

 

上限金利の緩和

上限金利が規制緩和されたことによって、金融機関などから利用者はお金を借りやすいことになります。

 

闇金などは、法律の枠外でお金を貸し出していますから、滞納などをすると借入金が膨らんでいき返済出来なくなってしまいます。

 

このような利用者を一人でも少なくするために、上限金利が緩和され消費者金融でもお金を借りやすいようにしたのです。

 

借りやすくして利用者を増やす

お金を借りやすいようにすることによって、利用者も増加するのですが、消費者金融から借り入れをする場合は、計画的な返済をする必要があります。

 

金利が上がることは、返済金額も上がることになるので、無計画に借り入れをすると返済出来なくなります。

 

まとめ

・厳しくなった個人融資。
・景気の影響。
・上限金利の緩和。


借りやすい消費者金融ランキング