消費者金融の利息に注意

お金に困ったときに、当座をしのぐのに役立つのが消費者金融です。

 

消費者金融の利息に注意

ちゃんと審査を受けて融資が認められたら、即、お金を手にすることができますので、これは非常に便利です。

 

ただ、消費者金融から借り入れを行うときに、ともすれば忘れられてしまうのが金利のことです。

 

至って当然のことですが、消費者金融からお金を借りると、利息を支払わなければなりません。

 

利息で元金が増えることもある

借りやすいからといって、利息のことを考えずに借り入れを続けると、膨れ上がった利息にびっくりすることがあるほどです。

 

利息の計算式は、非常にシンプルです。

 

利用残高に実質年率をかけたものを365で割って、そこに利用日数をかけるだけです。

 

たとえば、30万円を実質年率18%で借りた場合は、1か月にかかる利息は4,438円となります。

 

元金と利息の関係

これは、借り入れの1か月後に1万円を返済した仮定した場合、1万円のうちの4,438円が利息にあてられたことを意味します。

 

つまり、残りの5,562円が元金の返済に回されるのです。

 

元金30万円が、294,438円まで減ったことになります。

 

毎月利息が発生する

そして、次の1か月にも、4,356円が利息としてかかってきます。

 

このようにして、毎月利息を払い続けなければなりません。

 

この例ですと、元金が0になるまでには、返済回数は40回もかかります。

 

3年と4か月です。

 

借りやすいからと消費者金融を利用するのは間違いではありませんが、申し込みの前に、金利計算をしてみることが必要です。

 

まとめ

・毎月同じ額を支払っていても元金が減らない。
・利息は元金にかかってくる。
・利息で元金が増えることもあるので注意。


借りやすい消費者金融ランキング