滞納を避けたい理由

消費者金融は審査が柔軟で借りやすいと言われています。

 

実際に審査速度のスピードであったり、審査の柔軟性は消費者金融の特徴でありますし、審査に通ればキャッシングやローンを利用して借金を行えるようになります。

 

滞納を避けたい理由

申し込みがわかりやすくて借りやすい消費者金融なのですが、返済に関しては注意する必要があります。

 

滞納は信用情報に影響する

単純に返済滞納を行えば滞納の罰則として延滞遅延金等が発生するというだけの問題ではなく、信用情報に傷がついてしまうというリスクがあります。

 

信用情報に傷がついてしまうと、他社借り入れ審査に通らなくなってしまったり、条件の良い住宅ローン等のような大きな借り入れ審査で弾かれてしまう事にもなりえます。

 

借りやすいからこそ返済には注意を払って、確実に完済可能な金額を意識して利用する事が望ましいです。

 

完済可能な金額を借りる

その為にもまずは返済の計画表を作ってみて、全額を返済しきるまでにかかる日数と利息負担額等を計算してみましょう。

 

その計画に沿った返済生活を送った時に生活を圧迫して無理が出ないかどうかまで考えた方が返済でのトラブルに直面しません。

 

滞納は遅延金を払っても履歴が残る

滞納によって罰金を払えばそれで良いというだけの問題では無い事を理解して、滞納によって信用情報に傷がつきます。

 

社会的信用を失う事に繋がるリスクを理解した上で消費者金融のカードを活用すると良いでしょう。

 

ルールに従って返済を行っていれば問題無いですし、消費者金融を利用する事で生活が楽になったり、良い影響が出る事もありますから、返済の計画を立てた上で活用しましょう。

 

まとめ

・消費者金融は審査が早くて借りやすい。
・滞納すると遅延金が発生する。
・滞納は信用情報にも影響する。
・完済可能なように借り入れは最小限にする。


借りやすい消費者金融ランキング